害獣駆除なら【害獣駆除.com】にお任せ下さい!

会社概要

害獣駆除.comご利用の流れ
4つの強み
害獣駆除のアライグマ・イタチの水漏れ
よくある質問
お客様の声

害獣駆除でお困りの方は、害獣駆除.comにお任せください!0800-805-7762

害獣駆除でお困りの方は、害獣駆除.comにお任せください!24時間365日全国受付対応 0800-805-7762
各種クレジットカード使用可能です。
害獣駆除.comサービス一覧
ご利用の流れ
お客様の声
よくある質問
害獣駆除のアライグマ・イタチの水漏れ
プライバシー対策も万全です。
対応エリア
ここが違う!害獣駆除.comが選ばれる4つの理由
害獣駆除でお困りの方は、害獣駆除.comにお任せください!0800-805-7762
害獣駆除.comお申込みから修理までの流れ
取引実績
害獣駆除でお困りの方は、害獣駆除.comにお任せください!0800-805-7762

お客様の声

2012年4月から6月までの期間にサービスをご利用頂いたお客様から、「お客様の声」をいただきました。ご利用後、「お客様の声」に応えて頂いた方には無条件で500円のQUOカードおつけしております。

奈良県30代 女性性 4/11 
夜犬を散歩させている時に、アライグマと遭遇しました。そのアライグマは子供を連れているからか、防衛のために攻撃してきました。自宅から離れた場所だったので散歩のルートを変更したのですが、自宅の側溝前に出没するようになってしまったので、アライグマの鋭い爪や牙で襲われる前にアライグマ駆除を依頼することにしました。遭遇するまでは外見の可愛いいアライグマと駆除がどうしても結びつかなかったのですが、アニメとは違って野生のアライグマは気性が荒く、あの威嚇行動をみてからは駆除を行う必要性を理解することができました。駆除をしてもらったおかげで、出会いがしらに遭遇する心配をすることもなく安心して散歩に出掛けることができるようになりました。
群馬県50代男性 5/15
農業を営んでいるのですが特に夏になるとアライグマによる被害が酷くなるので、対策として罠を仕掛けてみましたがいっこうに捕まえることができないので駆除業者さんにお願いすることにしました。駆除に来ていただいたときにお話を聞いてみると、意外にもアライグマは利口で手先が器用なので、罠である檻に入っても簡単に手で持ち上げて出て行ってしまうから、檻のフタが一旦閉まったら再び開かないような返しのついた仕掛けがなければ捕まえることが難しいということを聞いて自分では捕獲することができなかった理由がようやくわかりました。アライグマの駆除と、今後再び呼び寄せないための方法まで聞くことができたので料金以上に満足感を得ることができました。ありがとうございました。
佐賀県40代女性 5/11
インターネット検索をするとイタチ駆除の色々な方法が紹介されていたので、参考にして忌避剤を購入したのですがいろいろ試してみてもイタチを駆除することができませんでした。忌避剤やスプレー、様々なグッズを購入しているうちに出費も嵩んでしまい、最初から駆除業者さんに依頼しておけばよかったと後悔しました。イタチ駆除業者さんに天井裏の排泄物の蓄積具合や、壁材の状態を自分のデジカメを使って業者の方に写真を撮ってもらい確認したのですが酷い状態でした。イタチ駆除の方法に夢中になるあまりに、糞や他に被害が拡大することを想像することができていませんでした。みなさんも住宅を守るという意味でも駆除業者さんに依頼されることをお勧めします。
山梨県60代男性 6/10
深夜に屋根裏や物置から不可解な物音がするので家族総出で音の原因を探っていると、聞いたことのない鳴き声がしたので動物が自宅に侵入していることがわかりました。サルのような鳴き声だったのですが近所で出没しているという情報はなかったので、インターネットで調べてみるとハクビシンだということがわかりました。ハクビシン駆除業者さんによると、自宅横にある背の高い柿の木をよじ登って天井にあがっていたようです。毎年楽しみにしていた柿の実を食べられてしまいましたし、物置の片隅には知らない間に糞がたくさん溜まっていましたが、ハクビシン駆除を早く行っていなければ天井裏に住み着いて最悪の場合は糞尿で天井が落ちてしまうこともあると聞いて、この程度の被害で済んでよかったとほっとしました。
千葉県20代女性 7/14
自宅の家庭菜園で野菜などを作っているのですが、ハクビシンがやってきて野菜を食べ荒らして困っていました。果樹園や農地などではハクビシン駆除やハクビシン対策として電気柵など感電するようなしかけを設置しているようなのですが、趣味でしている家庭菜園の畑はとても小さく大規模な工事は必要ないので悩んでいると、こちらのハクビシン駆除業者さんをご近所の方に紹介してもらうことができました。防犯センサーライトや音を鳴らす程度ではすぐに慣れてしまうというお話を聞いて、ハクビシン駆除の業者さんにお願いして本当によかったです。ハクビシン駆除を行って野菜を食べ荒らされることもなくなったので、子供たちと一緒に野菜の収穫を楽しみたいと思います。
害獣駆除でお困りの方は、害獣駆除.comにお任せください!0800-805-7762

よくあるご質問

自分で捕獲・駆除することはできますか?

よくあるご質問
アライグマ・イタチ・ハクビシンの捕獲や駆除、運搬、保管などは禁止されています。特定外来生物に指定されている生物であるアライグマ・イタチの捕獲や駆除は、「特定外来生物による生態系等に係る被害防止に関する法律」第18条第1項・第18条第2条に基づき「外来生物に基づく防除の確認又は認定申請」、ハクビシンについては「有害鳥獣捕獲許可申請」が必要となります。この審査には約1ヵ月の期間が必要ですし、手続きには防除実施計画書など様々な書類を添付しなければなりません。駆除を行うにあたり害獣駆除の知識がなければ怪我や再発の可能性が高く、認定申請をしている間に家屋や農地の被害が拡大してしまいますので害獣駆除は駆除業者に依頼することをお勧めいたします。

アライグマ・イタチ・ハクビシンによる被害はどのようなものですか?

よくあるご質問
住宅の糞尿被害や農作物の被害、生態系への影響が深刻になってきています。森林の水辺や田畑に生息していた動物たちは、雑食性で何でも食べることができるので自然界に身をおくよりもより簡単に食べ物を手に入れることができる天井裏に住み着くようになりました。主な住宅の被害は、夜間や家主の留守中に台所などに侵入して食品を確保し室内が荒らされることです。また、屋根裏が住みかになっていると、天井裏から糞や尿などの排泄物の臭いが室内にまで及ぶことあったり、巣作りの材料として断熱材などを壁からはがして使用するため屋根裏の被害が甚大になります。また農作物への被害や庭木や植物、時にはペットに危害を加えたり、日本固有の希少な生物種を食べてしまったり生態系への影響が大きいことからもアライグマ・イタチ・ハクビシンなどの害獣駆除が必要不可欠となっています。

アライグマ・イタチ・ハクビシンを寄せ付けない方法はありますか?

よくあるご質問
屋根裏に侵入しないようにするために、侵入口となりやすい縁の下、換気口、軒下、戸袋などのわずかな隙間は全て塞いでしまうことです。自宅周辺にある庭木が屋根に達する高さであれば、屋根に飛び移ることができそうな枝を落としたり、移動や剪定を行うようにしましょう。雑食性のアライグマ・イタチ・ハクビシンに対して、無意識のうちに餌付けしていることにならないように、ペットの餌や野鳥ために設置した餌箱は放置せずにある程度の時間が経過したら片付けたり、餌になるようなものを置かないことも重要です。動物園で見るアライグマ・イタチ・ハクビシンは大人しくて可愛らしいのですが、野生動物は爪や牙がするどく凶暴なのでもし見かけても近づかないようにして下さい。

アライグマ・イタチ・ハクビシンを寄せ付けない方法はありますか?

よくあるご質問

捕獲されたアライグマの感染症検査をしてみると、人にも感染するレプトスピラ症、アライグマ回虫症などの感染症を持っていることがわかりました。レプトスピラ症の潜伏期間は約2週間で、悪寒や発汗、頭痛、全身の倦怠感などの風邪によく似た症状が見られます。軽症の場合はこの風邪に似た症状のまま回復するのですが、重症になると出血、肝臓や腎臓障害の症状が出てきます。また、イタチ・ハクビシンなどの野生動物に咬まれると鼠咬症の発症や、ダニやノミによってアトピー性皮膚炎や喘息の原因となったり、病原菌の媒介になって最悪の場合は死に至ることもありますので、アライグマ・イタチ・ハクビシン以外にも野生動物には近づかないようにしましょう。

アライグマ・イタチ・ハクビシンの活動時間を教えてください

よくあるご質問
アライグマ・イタチ・ハクビシンは夜行性というのが一般的なのですが、場所によっては昼間に目撃されることもあります。夜行性動物たちが夜間に活動する理由は、天敵に狙われにくかったり、昼行性の獲物を狙うためなのですが、夜行性の動物でも人間が足を踏み入れることのあまりない地域では昼行性だという例もあります。都会暮らしのアライグマ・イタチ・ハクビシンが昼行性になっているというのは、人間が天敵として認識されていないことが原因と考えることができます。適応能力が高いアライグマ・イタチ・ハクビシン対策を早期に行うことで、繁殖や被害の防止の効果を高め、費用を抑えることが可能となりますので、害獣を発見した場合は早めに対策を行いましょう。

よくあるご質問について

アライグマ・イタチ・水漏れでお困りの方は、害獣駆除.comにお任せください!0800-805-7762

害獣駆除の基礎知識


・狂犬病とアライグマ
狂犬病は名前に「犬」とついていますが、人間を含めた全ての哺乳類が感染し、発症する怖い感染症です。駆除対象のアライグマに咬まれた時に傷口から唾液と一緒にウイルスが入り込んだり、目や唇などの粘膜部分をなめられた場合も感染の危険性が高まります。狂犬病の怖いところは脳麻痺や、脳炎、恐水症状など深刻な症状があるだけではなく、エイズと同様に最も致死率が高い病気ということです。繁殖力の高いアライグマによる狂犬病被害を拡大させないためにも、アライグマ駆除を行いましょう。

・駆除対象外のハクビシン
一時は山梨県と長野県で県の天然記念物であったハクビシンは、アライグマやイタチと違って外来生物法で特定外来生物指定を受けていないため駆除の対象とはなっていません。深刻な農業被害や住宅被害、健康被害などの実害をもたらしているハクビシンがどうして特定外来生物指定を受けていないかというと、「明治以前からいた動物は該当しない」という理由から公式には指定されていないのです。害獣としての頭角を出してきたハクビシンですが、一般の方の捕獲は許されていないので、被害にお困りになった場合はハクビシン駆除を行う業者にお任せ下さい。

・肉食獣のイタチ
イタチは小柄で大きい目が愛らしい外見には似合わず、自分よりも体格の大きいニワトリやウサギを捕食する凶暴な肉食獣です。食べるわけでもないのに、一匹のイタチがニワトリ小屋のニワトリを全滅させてしまうというのですからその凶暴性をご理解いただけると思います。咬まれた場合には鼠咬症を起こす可能性がありますので、早期にイタチ駆除を行ったり見かけた場合には絶対に近づかないようにしてください。

 

害獣駆除でお困りの方は、害獣駆除.comにお任せください!0800-805-7762